ベストなスチームクリーナー

スチームクリーナーや高圧洗浄機と言えば、ドイツの会社であるケルヒャーが特に有名なのではないでしょうか?高品質で頑丈で、メーカーというよりはブランドとして扱われている様なところもあります。

スチームクリーナーが欲しいと思ったら、まずはケルヒャーの情報を求める方が多いでしょう。私自身も深夜の通販番組の影響もあって、スチームクリーナーや高圧洗浄機といえば、ケルヒャーのイメージがあった口です。

だけど、実際に見てみると意外と高いんですよね…。

同じケルヒャーでも性能によってお値段が倍も違って、せっかくだから良い方を、と思うと4万円もする。かと言って下のランクだと性能は明らかに落ちて見えるし、それでも2万円はする。

これはちょっと無駄使いかも?と思ったので、時間をかけて他のスチームクリーナーを色々と調べてみました。アイリスオーヤマとかシャークとかH2Oモップとか、聞いたことがあるものをとにかく検索。

そのうち、これは凄いんじゃないか?と思えるスチームクリーナーに出会えたのです。

それは、スチームファーストという製品で、今まで名前を聞いたことなかったら見つけるのが遅くなったんだけど、安いし性能も良いし、何よりランク分けとかしてないところがとにかく好印象でした。

正直ケルヒャーはなんでこんなに露骨にランク分けするの!?って思っていましたから。

スチームファーストはキャニスター式と呼ばれる形状のものオンリーだし、性能や価格ランクが色々あるけどどれにしようかな?、なんて迷わなくて良い。

オプションによるランク分けもないし、13種類のアタッチメントがついてなんと2万円以下。『ケルヒャーより全然良いじゃん』とスチームファーストを即購入しました。

スチームファーストの購入理由

普通、安くて聞いたこともない製品だったら買いませんよね?「どこかのパクリ製品?」って疑うし、「いまいち信用できない...」と思うのが普通だと思うのです。

私がスチームファーストにしようと決めた理由はいくつかあるのですが、まず性能面が気に入ったのです。スチームファーストに行きつく以前に色々と調べていましたから、スチームクリーナーにも色々な種類があることが分かっていました。

形状にはモップタイプとかハンディタイプとかキャニスタータイプがあるとか、ヒートアップの方法というのはパネル式とボイラー式があるとか、その他スチームを連続で出せる時間に違いがあるのとか。

スチームファーストはどこにでも使えるキャニスター式で、高温のスチームが出るボイラー式で、連続稼働時間もなんと45分。仕様に嘘がないのであれば、他のスチームクリーナーと比べても頭1つ突き出たパーフェクトと言って良い性能なのです。

これはケルヒャーもほぼ同じ性能と言って良いのですが、お値段が全然違う。スチームファーストはアタッチメントが13種類もついて2万円切りますから、それだけでもお得なのです。

さらに専用の洗剤もつくし、水道水を使う場合どうしてもつまりとか故障の原因となってしまうカルキ除去剤もついてる。

これらの仕様・サービスを全部信じることができれば、スチームファーストを選ばない理由どこにもありませんでした。

決め手は口コミとレビューの量

スチームファーストの購入を決めた理由は、性能の高さやオプションアイテムの充実がもちろんあったのですが、決め手となったのは公式サイトのレビュー数です。

公式サイトには手書きのレビューがたくさん掲載されています。「とても満足」と「満足」の評価をしている方が非常に多く、すっかり安心してしまいました。

若干悪い評価もあるのですが、目立ったのは本当にガンコな汚れが取れないというものでしょうか。確かにスチームクリーナーは長年蓄積しているガンコな油汚れとかは落ち切らない場合があるようです。でもそれは、どのクリーナーも実は同じ。

スチームファーストはそのようなガンコな汚れも取れるように、専用の洗剤を開発。悪いレビューは、この専用の洗剤が開発される前のものが主なようです。

とは言え、レビューだって疑い出せばキリがありません。悪いレビューで都合悪いものは捨てているのかもしれないし。良いレビューもスタッフが書いているのかも。

でも、そこまで疑うなら買って実際に試してみた方が早いな、と最後は冷静に購入を決めたのだけど、レビューやクチコミ通りの性能を発揮してくれています。今では、我が家に欠かせないアイテムの1つになっています。

HOMEへ戻る